menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. あらゆるモノの値段が高騰している。その先はどうなる?
  2. 導入を検討している翻訳機FreeTalk(フリートーク)
  3. いよいよ3店舗目がオープン
  4. 自動運転タクシー
  5. 天然とんこつラーメン一蘭
  6. 【飲食関係者は必見】飲食店の外国人観光客のインバウンド集客はGoogl…
  7. 小規模飲食店の生き残り策
  8. 豪雨災害と飲食店
  9. 美味しいビールは泡が違う
  10. 飲食店経営はリスクが高い?
閉じる

週末起業でたこ焼き屋

ワタミ、飲食事業売却か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日に引き続き本日も店休日。お店はお休みでもお昼のお仕事は通常通り。しかし、時の流れは早いです。あと数カ月でお正月なんて信じられませんが事実です。さて、介護事業部門を売却したワタミですが赤字が続く飲食事業の売却も視野に入っているのだとか。ワタミの本業である飲食事業の売却は同時に「ワタミ」という会社の存在意義がなくなる事を意味します。

ワタミ、債務超過目前で危険水域か 飲食事業売却模索も買い手つかず…

経営再建中のワタミは2日、将来の中核事業のひとつに据えていた介護事業を損保ジャパン日本興亜ホールディングスへ 210億円で売却すると発表し、注目を集めた。同社は「居酒屋『和民』などの飲食事業に経営資源を集中するため」と説明しているが、同社関係者は「実は赤 字が続く本業の飲食事業の売却を模索していた。結局買い手がつかなかったため、仕方なく稼ぎ頭の介護事業を売りに出したというのが真相。経営はいよいよ危 険水域に達した」と危機感を示す。

出典:ビジネスジャーナル

ワタミの苦境に関しては、「ビジネスモデルが陳腐化した」や「ブラック企業として叩かれたから」など様々な理由が述べられていますが、私個人としては「進化しなかったから」だと思います。「進化」する為には従業員の意識が高くある必要があり、従業員の愛社精神やモチベーションの低さが結果的に業績に反映されたのではないでしょうか。始まりがあれは必ず終わりがありますが、少しでも長く継続させるためには様々な工夫と努力が必要になってきます。私のたこ焼き屋も常にブラッシュアップしていかなくては継続は出来ません。私のモチベーションが高い間は進化し続ける事が出来ると考えています。

関連記事

  1. 通販業界はアマゾンが制覇している

  2. 景気が回復していると言っているのは政府だけ

  3. 柳沢みきお氏も老後破綻の危機

  4. 株価イメージ

    米国の利上げが実施されるのが確実となってきました

  5. 空き家活用でシェアハウス

  6. インジェクション加工肉のステーキは大丈夫なのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る