menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 令和ショックが目前に迫っている
  2. 新元号と10連休
  3. 雑居ビルの活性化はどのようにしたら良いのか
  4. あらゆるモノの値段が高騰している。その先はどうなる?
  5. 導入を検討している翻訳機FreeTalk(フリートーク)
  6. いよいよ3店舗目がオープン
  7. 自動運転タクシー
  8. 天然とんこつラーメン一蘭
  9. 【飲食関係者は必見】飲食店の外国人観光客のインバウンド集客はGoogl…
  10. 小規模飲食店の生き残り策
閉じる

週末起業でたこ焼き屋

カテゴリー:考え方

ついに超大型連休が終わりを告げた。そして、この次はリーマンショックならぬ「令和ショック」の序章になりうることに気付いている飲食店の店主は全国に一体どれくらいの数いるだろう。地方の政令指定都市の歓楽街に飲食店を3店舗ほど経営している私…

2019年のゴールデンウィークは新元号への切り替えに伴って10連休となっている。連休前の現在、地方都市の歓楽街は閑古鳥が鳴いている状況だ。今回の10連休に向けて予算調整を行っているのか、新元号への切り替えに向けて仕事が忙しいのか。そ…

21世紀型の歓楽街テナントビル活用モデルを考えてみる。昨年2018年は3店舗目のステーキハウスのオープンなど発展性のある1年となった。歓楽街の雑居ビルの「空中店舗」※を居抜きで借りて内装工事費用を全くかけずにスタートする戦略で1年に1店…

1993年の創業以来、着実に店舗数を増やしている天然とんこつラーメン一蘭。今や全国に70店舗を超える店舗数を誇る一蘭を調べてみた。私が住んでいる街に一蘭がオープンして数年くらいたっただろうか。オープン時に興味本位で食べに行った。その時は…

いよいよ二極化が激しくなってきた2018年後半戦。小規模飲食店が生き残るために必要な戦略とはなにか二極化が顕著にみられる飲食業界最近では私が活動している繁華街の飲食店も二極化が進んできた。大企業によるチェーン店の大量出店によって定食…

最近、よく「趣味の飲食店経営は地獄をみる」だとか「素人が絶対に手を出してはならないのは飲食店経営だ」などのコラムや記事を目にするが果たしてそうなのだろうか?インターネット上には飲食店経営はハイリスクだと指摘する記事が数多く存在する…

今年に入ってからのスタグフレーションによって人々の娯楽に費やす予算は極端に少なくなっていると感じる。2018年の繁華街毎年のように「この状況はひどい」と書いているが、また記録更新しなくてはならなくなっている。今年に入り、繁華街の経済…

起死回生の明石焼き屋オープンから約1年過ぎた頃。ようやく手ごたえを感じてきた。火事場の底力とはよく言ったもの昔からの格言?「火事場の馬鹿力」とはよく言ったものです。そんな状況に陥るのは恐らく、人生の中で一回、いや、多くても三回く…

株式市場は日経平均株価17000円台を回復。その背景では破壊され続けている実体経済が存在する。米国も日本も市場原理とはかけ離れた相場環境となっている2016年9月5日に日経平均株価は17000円台を回復。日銀やGPIFによる資金投入…

週末起業のたこ焼き屋をオープンして1年以上が経過した。当初は乱高下や低迷していた売上も一定水準で落ち着いている。売上が上がると経費も上がる上記の見出しは当然のことなのだが、売上がコンスタントに計上され始めると出費も比例して増えていく…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る