menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. いよいよ3店舗目がオープン
  2. 自動運転タクシー
  3. 天然とんこつラーメン一蘭
  4. 【飲食関係者は必見】飲食店の外国人観光客のインバウンド集客はGoogl…
  5. 小規模飲食店の生き残り策
  6. 豪雨災害と飲食店
  7. 美味しいビールは泡が違う
  8. 飲食店経営はリスクが高い?
  9. 【不況】次々に閉店する老舗のスタンドやバー
  10. ゴールデンウィークの繁華街
閉じる

週末起業でたこ焼き屋

カテゴリー:経営

2018年9月にいよいよ3店舗目がオープンすることに。今度のお店はなんと肉料理。副業としてのたこ焼き屋が本業になった2015年5月に副業として雑居ビルの2階にたこ焼き屋をオープンして早くも3年ほど経過した。2017年には同じビルの1…

1993年の創業以来、着実に店舗数を増やしている天然とんこつラーメン一蘭。今や全国に70店舗を超える店舗数を誇る一蘭を調べてみた。私が住んでいる街に一蘭がオープンして数年くらいたっただろうか。オープン時に興味本位で食べに行った。その時は…

私の店は雑居ビルの二階。2店舗目のお店も奥ばった立地。何故、こんなお店に来日初回の外国人観光客がたくさん来るのか?その答えはGoogleマイビジネスだった!正直、驚きを隠せない。私が生息する地域は地方都市で今回の豪雨災害の影響も多大に受…

いよいよ二極化が激しくなってきた2018年後半戦。小規模飲食店が生き残るために必要な戦略とはなにか二極化が顕著にみられる飲食業界最近では私が活動している繁華街の飲食店も二極化が進んできた。大企業によるチェーン店の大量出店によって定食…

2018年7月、未曾有の豪雨災害が発生。数多くの人々が被災し大災害となった。一晩で全く違う世界となった日。その日、夕方から特別警報が発令されていた。大雨が降るのは覚悟で店はいつも通りにオープンすることに。一昨年も大雨が降った中で営業した…

最近、よく「趣味の飲食店経営は地獄をみる」だとか「素人が絶対に手を出してはならないのは飲食店経営だ」などのコラムや記事を目にするが果たしてそうなのだろうか?インターネット上には飲食店経営はハイリスクだと指摘する記事が数多く存在する…

今年に入ってからのスタグフレーションによって人々の娯楽に費やす予算は極端に少なくなっていると感じる。2018年の繁華街毎年のように「この状況はひどい」と書いているが、また記録更新しなくてはならなくなっている。今年に入り、繁華街の経済…

2018年のゴールデンウィークは私を含めて近隣のお店も久しぶりの繁忙期に期待していた。しかしながら、その期待は裏切られることとなる。昨年とは明らかに違う人の流れ昨年のゴールデンウィークは私の店を含めてとても忙しかった。飲食店が連…

2018年4月。繁華街は死につつある。当ブログは2016年から続けている。記事数も約300近くある。その記事の中で「過去最悪の閑散期」といった内容の記事を書いているが年々ひどくなる閑散ぶりに、また飲食業の「悲惨な状況ぶり」を書くことにな…

起死回生の明石焼き屋オープンから約1年過ぎた頃。ようやく手ごたえを感じてきた。火事場の底力とはよく言ったもの昔からの格言?「火事場の馬鹿力」とはよく言ったものです。そんな状況に陥るのは恐らく、人生の中で一回、いや、多くても三回く…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る