menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 令和ショックが目前に迫っている
  2. 新元号と10連休
  3. 雑居ビルの活性化はどのようにしたら良いのか
  4. あらゆるモノの値段が高騰している。その先はどうなる?
  5. 導入を検討している翻訳機FreeTalk(フリートーク)
  6. いよいよ3店舗目がオープン
  7. 自動運転タクシー
  8. 天然とんこつラーメン一蘭
  9. 【飲食関係者は必見】飲食店の外国人観光客のインバウンド集客はGoogl…
  10. 小規模飲食店の生き残り策
閉じる

週末起業でたこ焼き屋

カテゴリー:経営

ついに超大型連休が終わりを告げた。そして、この次はリーマンショックならぬ「令和ショック」の序章になりうることに気付いている飲食店の店主は全国に一体どれくらいの数いるだろう。地方の政令指定都市の歓楽街に飲食店を3店舗ほど経営している私…

2019年のゴールデンウィークは新元号への切り替えに伴って10連休となっている。連休前の現在、地方都市の歓楽街は閑古鳥が鳴いている状況だ。今回の10連休に向けて予算調整を行っているのか、新元号への切り替えに向けて仕事が忙しいのか。そ…

21世紀型の歓楽街テナントビル活用モデルを考えてみる。昨年2018年は3店舗目のステーキハウスのオープンなど発展性のある1年となった。歓楽街の雑居ビルの「空中店舗」※を居抜きで借りて内装工事費用を全くかけずにスタートする戦略で1年に1店…

2018年も後半に入り年末に向けてラストスパートといった時期。タイトル通り今年は、あらゆる原材料の高騰が飲食店を襲っている。当記事は地方都市の小規模飲食店の実情を示したリアルな記事です。私のお店で言うと下記の通りとな…

2018年9月にいよいよ3店舗目がオープンすることに。今度のお店はなんと肉料理。副業としてのたこ焼き屋が本業になった2015年5月に副業として雑居ビルの2階にたこ焼き屋をオープンして早くも3年ほど経過した。2017年には同じビルの1…

1993年の創業以来、着実に店舗数を増やしている天然とんこつラーメン一蘭。今や全国に70店舗を超える店舗数を誇る一蘭を調べてみた。私が住んでいる街に一蘭がオープンして数年くらいたっただろうか。オープン時に興味本位で食べに行った。その時は…

私の店は雑居ビルの二階。2店舗目のお店も奥ばった立地。何故、こんなお店に来日初回の外国人観光客がたくさん来るのか?その答えはGoogleマイビジネスだった!正直、驚きを隠せない。私が生息する地域は地方都市で今回の豪雨災害の影響も多大に受…

いよいよ二極化が激しくなってきた2018年後半戦。小規模飲食店が生き残るために必要な戦略とはなにか二極化が顕著にみられる飲食業界最近では私が活動している繁華街の飲食店も二極化が進んできた。大企業によるチェーン店の大量出店によって定食…

2018年7月、未曾有の豪雨災害が発生。数多くの人々が被災し大災害となった。一晩で全く違う世界となった日。その日、夕方から特別警報が発令されていた。大雨が降るのは覚悟で店はいつも通りにオープンすることに。一昨年も大雨が降った中で営業した…

最近、よく「趣味の飲食店経営は地獄をみる」だとか「素人が絶対に手を出してはならないのは飲食店経営だ」などのコラムや記事を目にするが果たしてそうなのだろうか?インターネット上には飲食店経営はハイリスクだと指摘する記事が数多く存在する…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る