menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 飲食店経営はリスクが高い?
  2. 【不況】次々に閉店する老舗のスタンドやバー
  3. ゴールデンウィークの繁華街
  4. 死につつある繁華街の現状
  5. 約1年と半年ぶりの更新となります。
  6. 繁華街の住人達
  7. 寒い年明け
  8. 2店舗目がオープン
  9. 繁華街の現状
  10. 兼業を推し進める政府
閉じる

週末起業でたこ焼き屋

徐々に回復してきた客足

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨晩はご常連様の来店や新規のお客様の来店などが続き、生ビールもたこ焼きも数多くの販売をすることが出来ました。ここ最近では久しぶりの3万円台の売上を記録しております。月曜日にこれだけの来店があったのは久しぶりで片づけが終わったら疲労感たっぷりの夜となりました。

a0002_003138

8月24日の世界的な株価大暴落以降は繁華街の活気も無く、私のお店も静かな夜が続いていましたが徐々に回復してきている実感を持てました。

昨晩までは。

chart.yahoo.co.jp

出典:Yahoo!日経平均株価チャート

この記事を書いている14時41分現在で600円を超える株価の急落となっています。くしくも集団的自衛権の閣議決定が終わった直後の9月24日に安倍首相がGDP=国内総生産を600兆円にする目標に取り組むと発表したばかりです。

安倍首相会見 「経済最優先で政権運営」

安倍総理大臣は、自民党総裁への再選が正式に決まったのを受けて、24日夜、党本部で記者会見し、誰もが活躍できる『1億総活躍社会』の実現に向けて、 『新しい3本の矢』とする政策を掲げ、GDP=国内総生産を600兆円にする目標に取り組むなど、引き続き経済最優先で政権運営に当たる決意を示しまし た。

出典:NHKニュース

アメリカFRBは年内の利上げに言及していますが、実際のところ利上げどころか追加緩和を行わなければならない状況なのだと私は考えています。しかしながら、ここの段階で仮にFRBや日銀が追加緩和を実施したとしても前回のような株価の高騰はあり得ないと思います。9月16日の段階で日本は格付けを下げられています。アメリカも国が抱える累積債務は18兆ドルを超えているような状況です。

前回に引き続き、本日も世界的な株価急落となっていますが株価が高騰する理由が無い中で、不安要素ばかりが目立ってきている状況です。このスパイラルが続けば極めて危険な状態になるのではないかと思います。

ようやく回復してきたかに見えた地方都市の繁華街ですが、また静かな夜が戻ってくるのかも知れません。

関連記事

  1. 少食の効果

  2. 飲食業界は人手不足です

  3. 新たな人脈

  4. 今年初めての営業

  5. 掃除の大切さ

  6. 静かな月曜日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る