menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 飲食店経営はリスクが高い?
  2. 【不況】次々に閉店する老舗のスタンドやバー
  3. ゴールデンウィークの繁華街
  4. 死につつある繁華街の現状
  5. 約1年と半年ぶりの更新となります。
  6. 繁華街の住人達
  7. 寒い年明け
  8. 2店舗目がオープン
  9. 繁華街の現状
  10. 兼業を推し進める政府
閉じる

週末起業でたこ焼き屋

サンフランシスコにオープンした無人レストラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の記事コンピューターの進化と雇用でも書いたのですが、今後は様々な職業がコンピューターやロボットに取って代わられる可能性があります。そんな流れの中でついに米国サンフランシスコで無人の飲食店が登場しました。

サンフランシスコで無人ファストフード店。飲食業界もロボットの時代?

8月下旬に米サンフランシスコでオープンした、ヘルシー志向のファストフード店Eatsa。メーンコンセプトは「超速サービス」というだけあって、オーダーからサーブまで全て機械化されている。

店内には無数のモニターとオーダー用の機械がズラリと並んでおり、レストランというよりはIT関連のショールームのようだ。客は各々のブースに立ち、タッチスクリーンに映し出されたメニューから、好きなものを選んで注文する。会計をすませると、わずか数分でオーダー受取口から注文した品が現れ、持ち帰るなりテーブルに移動するなりご自由に、という仕組みだ。早い話が、このお店にいる間はまったく、口を開かずに好きな物を食べて、サッサと帰ることができるのだ。

出典:ZUUonline

合理性を追求する国民性があるアメリカならではのニュースですが、世界的にコンピューターやロボットが人間の仕事を行う流れになっており、今後は単純作業や接客(ただ注文を取るだけの人を意味します)などの仕事の多くはロボットに取って代わられるかもしれません。個人的には、携帯電話が存在しなかった時代の方が好きなのですが全体の流れには逆らえません。この分野は今後も注目していきたいと思います。

関連記事

  1. 週末起業サバイバル

  2. 死につつある繁華街の現状

  3. 家庭料理を振舞うサイドビジネス

  4. 株価イメージ

    利上げをしたアメリカ。しかし株価は下がり続けている。

  5. コンピューターの進化と雇用

  6. あと数年でロボットに職を奪われる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る