menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 令和ショックが目前に迫っている
  2. 新元号と10連休
  3. 雑居ビルの活性化はどのようにしたら良いのか
  4. あらゆるモノの値段が高騰している。その先はどうなる?
  5. 導入を検討している翻訳機FreeTalk(フリートーク)
  6. いよいよ3店舗目がオープン
  7. 自動運転タクシー
  8. 天然とんこつラーメン一蘭
  9. 【飲食関係者は必見】飲食店の外国人観光客のインバウンド集客はGoogl…
  10. 小規模飲食店の生き残り策
閉じる

週末起業でたこ焼き屋

サバイバルなキャンピングカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨晩は、馴染みのお客様から始まり紹介新規のお客様が7名ご来店頂くなど、とても忙しい夜でした。片づけが全て終わったのは深夜1時になりました。とても忙しい日は最後のお客様がお帰りになった瞬間から、数多くのお皿やタンブラーの片づけが待ち構えています。一切の雑念を滅して無心で挑まなければ片づけを丁寧に機械的に行う事は出来ません。昨夜も無心で片づけを行いました。

a1180_015915

さて、当ブログをご覧になっている皆さんは「キャンピングカー」に対してどのようなイメージをお持ちですか?きっと、うえの写真のような「楽しそうな雰囲気」を感じているのではないかと思います。

しかし、世界にはサバイバルにも対応するようなキャンピングカーが存在します。そのキャンピングーカーを制作しているのはドイツに本社を置くMAN社です。

MAN(エム・アー・エヌ、MAN SE、旧社名MAN AG)は、ドイツの自動車・機械メーカーである。マンとも表記する。社名の由来は、マシーネンファブリーク・アウクスブルク・ニュルンベルク(Maschinenfabrik Augsburg-Nürnberg)の頭文字であり、「アウクスブルク・ニュルンベルク機械工場」を意味する。
出典:インターネット百科事典ウィキペディア

ワイルドなキャンピングカーは、このMAN社が発売しているモデルGLOBAL XRS 7200になります。

これはすごい。と言うか、かなり欲しいです。やはりドイツ製は無骨ですが機能面では相当優れており、かゆい所に手が届く装備の数々です。地震が多い日本においてサバイバルキャンピンクカーであるGLOBAL XRS 7200はいざという時には安心できるキャンピングカーだと思います。

GLOBAL XRS 7200メーカーサイト
http://www.actionmobil.com/en/3-axle/global-xrs-7200

E1399527870004_13

そんなサバイバルキャンピングカーですが、2014年5月に世界を旅する夫婦が日本に乗ってきていました。まるで軍用車両のような雰囲気です。道行人も「自衛隊の車輛にしては変だな」と思ったのではないでしょうか。

快晴のFujiを快走。VWフェスト 2014

さてVWフェストに向かうにあたっての、プロローグをひとつ披露したい。予定より早くFiscoに着きそうだったので。その手前、国道246号線に面した 「道の駅ふじおやま」でひと休みすることに。パーキングスペースに入ると、そこになにやら軍用車のようなタフなトラックが停まっていた。

出典:エキサイトism
http://ism.excite.co.jp/car/rid_E1399527870004/pid_4.html

老後はワイルドなキャンパーで日本全国を旅したいです。来週は雨の日が多いと天気予報で出ていました。また明日から張り切って、たこ焼きを焼いていきたい思います。

関連記事

  1. ドル安の展開に

  2. 豪雨災害と飲食店

  3. タイニーハウスという生き方

  4. 高層ビル

    大企業の衰退

  5. 景気が回復していると言っているのは政府だけ

  6. 巨大地震に備える時期

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る