menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 飲食店経営はリスクが高い?
  2. 【不況】次々に閉店する老舗のスタンドやバー
  3. ゴールデンウィークの繁華街
  4. 死につつある繁華街の現状
  5. 約1年と半年ぶりの更新となります。
  6. 繁華街の住人達
  7. 寒い年明け
  8. 2店舗目がオープン
  9. 繁華街の現状
  10. 兼業を推し進める政府
閉じる

週末起業でたこ焼き屋

調理用の油と健康

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

a0960_006801

昨晩は、新規のお客様が2人と御馴染みのお客様が2人の合計4名のお客様にご来店頂きました。売上額は高くないものの幸せな時間を過ごさせて頂きました。閉店後、

  • 洗い物
  • 焼き台の清掃
  • 調理スペースの清掃
  • ビールサーバーの洗浄・メンテナンス
  • 拭き掃除
  • 調味料入れのメンテ
  • ハッカ油の散布

上記の処理を行い帰路につきました。最近では、過去記事にも書きましたハッカ油を少量ですが、浸入ポイントの全ての箇所に毎日撒いて帰ります。深夜は害虫が活動する時間ですので、侵入路を全てハッカ油のバリアをはります。

a0002_009558

さて、たこ焼きに限らず、どのような調理にも必要な油。皆さんは普段の料理にどんな油を使っていますか?大多数の人は、サラダ油を使っていると思います。サラダ油は植物性だから動物性の油であるバターやラードよりも健康に良いと認識されている方も多いのではないかと思います。しかし、実際には違います。

サラダ油はがんや認知症の原因になると専門医が警鐘

料理の必需品、油。実はその油の中に、注意すべき“毒素のもと”が潜んでいることをご存知ですか? 日々あたりまえのように使っている油が、認知症、うつ病、心筋梗塞、糖尿病、がん、高血圧、花粉症など、多くの病気や不調の原因だと著書で明かしているのが、医学博士・脳科学専門医の山嶋哲盛氏。

出典:ライブドアニュース 2015年2月7日

一年間に一度だけしか食べないのなら、ここまで神経質になる必要が無いのですが、毎日のように摂取する調理用油だからこそ気を付けなければならないんです。サプリメントや健康食品に多額のコストをかけるくらいなら、調理用油にコストをかける方が良いのではないかと思うくらいです。ちなみに、私のお店で使用している調理用油はこめ油です。業務用のサラダ油と比べて数倍ものコストがかかりますが、お客様の健康に寄与すると言うのもありますが、たこ焼きがカリッと仕上がるのとサラダ油特有の臭いが無いので美味しいたこ焼きが出来上がります。

今一度、調理用の油を見直して見られては如何でしょうか?

関連記事

  1. 緊張感あふれる世界

  2. 2店舗目がオープン

  3. タイニーハウスという生き方

  4. お持ち帰りたこ焼きがブレイク

  5. 空き家を買って、不動産投資で儲ける!

  6. たこ焼きの調理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る