menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ゴールデンウィークの繁華街
  2. 死につつある繁華街の現状
  3. 約1年と半年ぶりの更新となります。
  4. 繁華街の住人達
  5. 寒い年明け
  6. 2店舗目がオープン
  7. 繁華街の現状
  8. 兼業を推し進める政府
  9. サウジアラビアから金融恐慌が発生する可能性
  10. 日銀が10兆円もの損失を抱えた。これは本当にヤバイ状況なのではないだろ…
閉じる

週末起業でたこ焼き屋

ドル安の展開に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨晩は、来客が数人。店内飲食は少なかったものの、お持ち帰りが多い夜でした。やはりお盆明けはどこのお店も暇らしく、近隣のスタンドのママも暇だと嘆いていました。そんな静かな週末ですが世界は相当な緊張感が急激に出てきました。先週まで1ドル124円台だった米ドルが122円まで下がってきました。

円相場で円高ドル安進む 1カ月ぶり122円台に

21日正午ごろに、東京外国為替市場で円相場が1ドル=122円台まで円高ドル安が加速した。7月中旬以来、1カ月ぶりの円高水準となった。午後零時半現在は、1ドル=122円93-94銭。正午すぎには122円80銭台まで円高が進んでいた。

出典:産経ニュース 2015.8.21
http://www.sankei.com/economy/news/150821/ecn1508210028-n1.html

このまま円高が進んでいくとすれば、どこかのタイミングで資源国通貨であるカナダドルや豪ドルを買おうと考えています。今や、日本円だけ持っているのは高リスクだと思います。複数の国の通貨に分散することにより、リスクは低くなります。これは資産運用などではなく資産防衛です。

ここ数日で、世界は急速に危機的状況が進んでいます。以下は、気になったニュースです。

  1. 米国防長官「ロシアは非常に重大な脅威」
  2. 北朝鮮「全面戦争も辞さない」対決姿勢鮮明に
  3. 米国防総省 中国の海洋進出で報告書公表

私は2015年9月あたりは最もリスクが高い月だと考えていたのですが、まさかの前倒しです。世界平和は微妙なバランスの上に成り立っています。そのバランスが大きく崩れたときは、一瞬で危機的状況に陥ります。今の状況を見る限り、米国・日本VS中国・ロシアという構図が想像できます。何もないに越したことはありませんが、万が一に備える時期だと思います。私も、自宅の備蓄品を再チェックしなければなりません。

関連記事

  1. ワタミ、飲食事業売却か

  2. このまま銀行にお金を預けていて良いのか

  3. 騒乱は中東から始まる

  4. 恐れていた国債格下げ

  5. 第三の貨幣が登場

  6. 緊張感あふれる世界

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る