menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ゴールデンウィークの繁華街
  2. 死につつある繁華街の現状
  3. 約1年と半年ぶりの更新となります。
  4. 繁華街の住人達
  5. 寒い年明け
  6. 2店舗目がオープン
  7. 繁華街の現状
  8. 兼業を推し進める政府
  9. サウジアラビアから金融恐慌が発生する可能性
  10. 日銀が10兆円もの損失を抱えた。これは本当にヤバイ状況なのではないだろ…
閉じる

週末起業でたこ焼き屋

高いのか、安いのか、それとも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨晩は、開店直後から満席。

私の入居しているテナントビルを管理している不動産会社の社長と、その仲間達が来店してくれたのだ。

本当に人のご縁とはありがたいものだと感謝の気持ちでいっぱいになります。

週末起業で飲食店をオープンして以降、人に感謝する回数は確実に増えました。

もちろん、昼間のお仕事でも感謝の気持ちはある。しかし、たこ焼き屋さんでの感謝の気持ちは何か質が違う。

オープン後、この気持ちの差は何だろうと考えてましたが最近になり理解出来ました。それはズバリ、

生業と副業の違い

昼間のお仕事は、いわゆる生業。つまり、生業で失敗は許されない。従って売上を上げるために少なからず妥協する部分がある。対照的に副業の場合は、あまり儲からなくても深刻な問題にはならないので、一切の妥協はしない。

私のたこ焼き屋さんのたこ焼きも、そんな考え方なので原価は高いし、売価も高い。自分の表現したい事の全てをお客様に出していることになる。そんな自分の理想を受け入れてくれてるお客様に心の底から感謝しているのだと気づきました。

昨晩は、某金融機関の団体様がご来店されました。その日は朝から、うちのお店に行こうと話しをしている中で

「700円のたこ焼きってどんなたこ焼きだろう?」

「たこ焼きは普通300円くらいなのに高いよね」

このように話していたそうです。ご来店され実際に食べて頂いた結果、

「このたこ焼きならば700円は納得できる。」

という感想を頂きました。一切の妥協をせずに作る私のお店のたこ焼きは原価も高く、どうしても700円程度頂かないと商売としては成り立ちません。週末起業のたこ焼き屋さんのたこ焼きは700円。このお値段は

安くなく、高くなく、適正価格なんです。

そう考える今日この頃です。

関連記事

  1. 徐々に回復してきた客足

  2. 株価イメージ

    年金をジャンク債に投機する日本

  3. 定額動画サービスと飲食店

  4. 新たな人脈

  5. 株価が急落して年金が溶けていく

  6. 後片付け

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2015年6月
    7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る