menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 令和ショックが目前に迫っている
  2. 新元号と10連休
  3. 雑居ビルの活性化はどのようにしたら良いのか
  4. あらゆるモノの値段が高騰している。その先はどうなる?
  5. 導入を検討している翻訳機FreeTalk(フリートーク)
  6. いよいよ3店舗目がオープン
  7. 自動運転タクシー
  8. 天然とんこつラーメン一蘭
  9. 【飲食関係者は必見】飲食店の外国人観光客のインバウンド集客はGoogl…
  10. 小規模飲食店の生き残り策
閉じる

週末起業でたこ焼き屋

不況でも繁盛している飲食店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

a1180_013658

昨晩は、知り合いの社長さん二人とお付き合いでお食事をしました。週末起業の飲食店を始めて以降、平日は木曜日しか空いて無くお付き合いをする機会も以前と比べ格段に減りました。なので、昨晩は久々のお付き合いです。

繁華街を歩いて移動していくのですが、夏休みだからか人通りは少ない。「今夜も暇な夜になるのかな」と私の入っているテナントビルのバーやスタンドさんの事を案じながら目的の飲食店に到着。すると、

満員御礼状態。

このお店は、チャージ料金3000円でお料理は食べ放題。飲み物は別料金。お洒落なテラスがあり、店内の雰囲気は爽やかで気品があります。お料理も一流で、身なりの良い人達でにぎわっています。お料理が食べ放題とは言え、飲み物を注文するので一人当たり8000円程度になります。この不況の中でも、お店のスタンスを徹底的に貫いているお店は繁盛しているのだと感じました。

a1380_001047

さらに驚いたのは、このお店の経営者はビルのオーナーさんだという事です。テナントを募集して借りてもらうよりも自身でお店をやる方が利回りが高いのだそうです。当然、家賃は発生しないのでその分、食材の原価や内装費に注力できます。この相乗効果の力はすごいと思いました。繁盛している要素としての口コミ要素は、その料金システムにあると感じました。チャージ料金で食べ放題。高級レストランの料理代と比べてリーズナブルに感じますし、ユニークな形態です。

クオリティーと希少性。そして、高品質であること。この要素を満たしている飲食店は繁盛する確率が高いと思います。お盆明けに、このお店のオーナーが来店されると仰って頂きました。ますます気合が入ります。

本日は、店休日明けの金曜日。夏休みモードですので、客足は予想できませんが少し多めに仕込みをしたいと思います。

 

 

関連記事

  1. あらゆるモノの値段が高騰している。その先はどうなる?

  2. たこ焼き屋と世界経済2015年8月

  3. 空き家活用でシェアハウス

  4. 外国人観光客と飲食店

  5. お持ち帰り用のマヨネーズ

  6. 静かな月曜日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る