menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. あらゆるモノの値段が高騰している。その先はどうなる?
  2. 導入を検討している翻訳機FreeTalk(フリートーク)
  3. いよいよ3店舗目がオープン
  4. 自動運転タクシー
  5. 天然とんこつラーメン一蘭
  6. 【飲食関係者は必見】飲食店の外国人観光客のインバウンド集客はGoogl…
  7. 小規模飲食店の生き残り策
  8. 豪雨災害と飲食店
  9. 美味しいビールは泡が違う
  10. 飲食店経営はリスクが高い?
閉じる

週末起業でたこ焼き屋

たこ焼き屋開業について

たこ焼き屋を開業するにあたり必要な事柄を下記にまとめてみました。

  1. 店舗の選定&不動産賃貸契約。
  2. お店のコンセプトを決めて、それに合わせた店名を決める。
  3. 使用する機材・食材・包材・飲料の選定&リスト作り。
  4. 飲食店営業許可を取得する。
  5. 機材の購入&食材や飲料の購入。
  6. 調理&飲料提供のテスト運用。
  7. 全てにおいて最終調整。
  8. オープン

これは、実際に私がお店をオープンする際に上記の順番通りに実行したものです。
この順番で準備をしていくと、とてもスムーズに開業する事が出来ました。

上記8項目を一つずつ詳しく説明していきたいと思います。

ちなみに、開業時に発生した初期投資について大まかに書くと下記のようになります。
※一部、諸事情により公表できない部分がありますのでそこは一般的な額を書いています。

  1. 不動産取得費・・・30万円
  2. 機材代・・・・・・8万円
  3. 食材費・・・・・・3万円
  4. 包装資材費・・・・13万円
  5. その他の部材費・・5万円

つまり、約60万円ほどで開業する事が可能です。私の場合は、単価を下げる為に大量に包装資材を購入したので包装資材費が多く計上されています。最初に包装資材を大量購入する事により仕入れ単価が下がり、ランニングコストが低く抑えられます。

詳しくは、機材の購入&食材や飲料の購入。のページをご覧ください。

ページ上部へ戻る