menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 令和ショックが目前に迫っている
  2. 新元号と10連休
  3. 雑居ビルの活性化はどのようにしたら良いのか
  4. あらゆるモノの値段が高騰している。その先はどうなる?
  5. 導入を検討している翻訳機FreeTalk(フリートーク)
  6. いよいよ3店舗目がオープン
  7. 自動運転タクシー
  8. 天然とんこつラーメン一蘭
  9. 【飲食関係者は必見】飲食店の外国人観光客のインバウンド集客はGoogl…
  10. 小規模飲食店の生き残り策
閉じる

週末起業でたこ焼き屋

カテゴリー:恐慌対策シリーズ

21世紀型の歓楽街テナントビル活用モデルを考えてみる。昨年2018年は3店舗目のステーキハウスのオープンなど発展性のある1年となった。歓楽街の雑居ビルの「空中店舗」※を居抜きで借りて内装工事費用を全くかけずにスタートする戦略で1年に1店…

2018年も後半に入り年末に向けてラストスパートといった時期。タイトル通り今年は、あらゆる原材料の高騰が飲食店を襲っている。当記事は地方都市の小規模飲食店の実情を示したリアルな記事です。私のお店で言うと下記の通りとな…

2018年4月。繁華街は死につつある。当ブログは2016年から続けている。記事数も約300近くある。その記事の中で「過去最悪の閑散期」といった内容の記事を書いているが年々ひどくなる閑散ぶりに、また飲食業の「悲惨な状況ぶり」を書くことにな…

オバマ大統領が拒否権を発動していた「テロ支援者制裁法」が成立してしまった。2016年9月28日、2001年9月11日に発生した911同時多発テロに関してサウジアラビアに対しての損害賠償請求を可能にする法案を再可決した。任期が残りわずかのオ…

日銀が一心不乱に長期国債を買い続けた結果10兆円もの損失を抱えることに。明日は日銀による金融政策決定会合が行われる。このような状況の中で更なる量的緩和を行うのか?株価維持のために続けられてきた異次元の量的質的緩和ここにきて驚くべきニ…

誰もが予想していなかったイギリスの国民投票によるEU離脱の結果。その結果、リーマンショックを超える暴落となったが、その後は持ち直している。2016年6月23日にイギリスの国民はEUからの離脱を選択した6月23日は世界中の投資家にとっ…

イギリスのEU離脱の可否を決定する国民投票が23日に迫る状況の中で乱高下する株価。参議院選挙を控えてGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)などの資金で株価を支え続けている。参議院選挙を控えて17000円台を回復すると見られていた株価…

「リーマンショック前と似ている」これは誰のコメントでもなく安倍首相の言葉だ。G7首脳会議でリーマンショック前夜だと発言した安倍首相開催会場の志摩観光ホテル ザ クラシック伊勢志摩サミットで日本国の総理大臣である安倍首相は…

2013年1月22日日本銀行は「中長期的な物価安定の目途」を「物価安定の目標(Price Stability Target)」に変更し、物価上昇率を1%から2%に引き上げた。2012年12月に誕生した安倍晋三内閣の経済政策としてアベノミ…

2016年4月14日に熊本で大地震が発生した。震度7という大地震が同じ場所で2回も発生している。2016年4月16日11時29分その日私は付き合いのある不動産会社からの依頼で売買予定物件の撮影をしていた。11時29分には私の住んでい…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る